カテゴリー: 白内障日帰り手術

白内障日帰り手術の流れと手術を体験しての感想。

前回の続きです。

手術室に誘導される時に、

「瞳孔が開いているので、小さな歩幅で気を付けてゆっくり歩いてください。」

ゆっくり ゆっくりと 歩いて手術室に向かいます。(瞳孔が開いてる方の眼はウィンクして閉じて歩いてます。)

手術室に入ると、執刀医と助手の方(?)達が待機していました。

ほとんど見えていない(裸眼では0.02程度)ので声で判断する事しかできない。

この前日に医師に問い合わせた事があります。

それは、常日頃は「コンタクトしてるんですが、手術を受ける際に手術しない方の眼はコンタクト入れておいてもOK?」と

すると医師は「手術がやりにくくなるので両目とも裸眼で来院してください。」と言われていたのです。

少し大きめのハイバックタイプの椅子に座る様に指示されて座ると、そのままリクライニングで後ろに倒されてしまった。

水平ではなく、若干頭の方が低いくらいの姿勢です。

手術室
・・・ 手術室イメージ画像 ・・・

その後、顔には手術する方の眼の部分だけが開いているカバーを被せられ、看護師が左手に血圧測定用のベルトをセットし、指先にはパルスオキシメーター(体内の酸素濃度を測定するものらしい)が取付けられた。

右手には点滴がセットされ、胸には心電図のパッチが3ケ所貼られて準備完了。

(これから先は、順番が多少違ってるかも知れませんが概ねこんな感じです。)

マバタキ出来ないように瞼を器具で固定して片目は開きっぱなし状態。

痛みは無いのだが部屋の照明の明るさ(瞳孔が開いているので敏感)と恐怖感に襲われる。

次に手術する眼に対して洗浄とか言ってたような気がするが液体(生理食塩水)を掛けはじめました。(この為に裸眼で来院するように という事だったようですね。)

かなりの量を掛けたと思います。

顔を横にしてかけ流し状態。

その間、眼を上下左右に動かしてください。(これは気持ちよかったのです。冷たくて)

その後、点眼式の麻酔薬をさしてちょっとの時間執刀医と会話。(麻酔が効くまで?)

多分、この会話の中で患者の緊張感を和らげようとしているような会話です。

「緊張してますか?そうでしょうね。でも少しの時間お互いに頑張って良い手術をやりましょうね。」と優しめに言い聞かせてくれる。

「とりあえず、眼は天井のライトを見ていればいいですから、動かさないように・・・ね!」

「では はじめましょう!」

さぁ 始まるぞ! ドキドキ (あれ? これ心電図に出てるんだろうなぁ・・・)

何だかちょっと格好悪い気分だけど。

手術用の顕微鏡(?)が目の前に現れてその中のライトが目の奥に突き刺さる感じで眩しい。

(このライトを見ていればいいんだ。それにしても眩しい・・・)

そんな事が頭をよぎってる時に、眼の中に何か入って来たのが見えた。

その瞬間、少し腰が浮いた。(まずい動いちゃまずい!落ち着け 落ち着け)

入って来たものが動いているのが見える。

(たぶんこれは超音波で水晶体を細かくして吸引するんだろうなぁなどと素人医学を想像する。)

ずいぶん長い時間動いているけど視界はさほど変化がない。

視界からライトが外れないようにライトに視点を合わせるように集中する。

何分くらいこんな状態が続いただろうか。

突然視界の中から濁りの様なものが無くなっていく。(吸引し始めたんだ!)

綺麗に見えるもんだなぁ。

それまでは、ただボンヤリと眩しいと感じていたライトの輪郭までハッキリ見えた。

水晶体が吸い取られて、もうレンズが入ったんだろうと思っていると、執刀医が「レンズ!」と一声。

看護師は「ハイ!」と返事して手渡したようでした。

エッ? まだレンズは入ってなかったんだ??水晶体が無くなってもこんなに見えるんだ? ヘエ~ ヘェ~ と感心。

そこから少し空白時間があって、レンズが目の中に入って来た。

オ~ 見えるぞ!(心の中で呟いてるだけです。)

それまでボンヤリとしか見えていなかった天井のライトがハッキリ見えた。

これでレンズが入ったんだな。

眼内レンズ

「これから縫合します。」(と聞こえたんだけど)

視界の中の動きは、確かに縫っているようにも見えた。

2か所分くらい縫ったのだろうか。「ハイ!終わりましたよ。」

gantai.jpg   そう言って消毒(?)の液を目にかけて、

何かの薬品を目に流し込み、その上からガーゼと眼帯をかけられた。

眼帯はテープで顔に直接貼り付けの処置。

今まで両手と胸に付けられていた検査機器と点滴を外されてから椅子が起こされて

「ゆっくり立ち上がってください。立ち上がったらしばらくそのままでいてください。」

やはり、貧血を起こしたりする人がいるようで慎重に立たせるようだ。

立ち上がって問題ないと判ると、ゆっくり歩いてくださいと言われて手術室を出る。

片目が塞がれているのでぶつからないように気を付けて歩こう。

手術室を出ると、入り口の所には次の患者さんが待機していました。

手術控室まで連れて行かれると、そこにはお茶が準備されていてしばしの休憩。

付添人も待合室から呼ばれて一緒にティータイムです。

ここまで、付添人は待合室で暇そうに待たされるだけです。(病院に入ってから約2時間)

お茶が飲めるのかと思ったら、それまで着ていた手術着を脱がされたり、帽子を外したりとやっている内にお茶は冷めてしまってた。

一口飲んだところに、来たのが請求書。

この手術の前に「健康保険限度額適用認定証」を会社に申請して受け取っていたので、これを

窓口に出しておいた。高額医療の申請手続きは確定申告でも返還されるが、この限度額適用認定証が

あれば、限度額を超える金額に対する支払いをしなくても済むので便利である。

おやおや手際のいいことで。

金額は、社会保険3割負担で「¥41,000」ちょっとでした。(この段階ではまだ高額医療費には至っていない)

「次は、明日の朝来てください。先生が眼帯を外して検査しますから。

それと、先生の許可が出るまでは、洗顔も洗髪もお風呂やシャワーも禁止ですから気を付けてください。」

あまり格好が良くないから、早めに外したいもんです。朝一番で来ますよ。

一緒に抗生物質(朝・昼・晩の食後に1カプセルを4日分)を受け取り帰る事にします。

cefzon-01.jpg セフゾンカプセル100mg(抗生物質) 4日分

各種の細菌によってひきおこされた感染症の治療に使われる薬です。広域用ペニシリン剤と同じように、細菌の細胞壁を破壊して細菌を死滅させ、しかも人体の細胞には作用しないので、抗生物質に対するアレルギー症状以外には、これといった副作用がありません。さらに、ペニシリン・ショックなどのショック症状をおこすことが少ないため、現在では抗生物質の生産量の多くがこのセフェム系で占められています。

帰り道に通り過ぎる人が振り返って見る。

結構でかい眼帯だから目立つんだよね。

明日は、この眼帯が外されて見える眼に成るんだ!(楽しみ半分! 不安半分!)

さぁ とっとと帰ろう!

次回は、手術翌日の眼帯を外して見る新しい世界の話です。

eye-ope.jpg  

私の場合、手術の切開位置は眼の上下の様でした。

上部と下部に切開跡が見えます。

医師の手法によって切開場所が違うようです。

上下の場合は、常にはまぶたに隠れているので外見的には目立たないのかも知れません。

左の画像はクリックで拡大表示されます。

術後1年以上経過した平成27年の状態ですが、視力の低下は全く現れていません。明るさというか眩しさにも多少慣れて来てこれから迎える真夏の日差しに対処法を考えているところです。(今までは濃いめの色合いのサングラスでしたが、今年は少し薄めにしてみようか?と)
その後は特に網膜裂孔や飛蚊症も悪化は無く安定しているようです。

※ 関連記事 ※

白内障手術で、強度の近視だった視力が回復して人生観が劇的に変わった。(症状の把握から術後の経過まで)その1

白内障手術で、強度の近視だった視力が回復して人生観が劇的に変わった。(症状の把握から術後の経過まで)その2

白内障手術翌日の眼帯を取り外し(医師が行うのですよ)の様子。

白内障手術後6日目の検診。(明日はもう片方の手術予定)

実は眼科医師本人も見た事のない白内障手術後の視界の凄さ!

白内障手術の際に利用したい便利でお得な情報。

 




白内障日帰り手術で、強度の近視だった視力が回復して人生観が劇的に変わった。(症状の把握から術後の経過まで)手術体験記 その2

さて、前回白内障手術で、強度の近視だった視力が回復して人生観が劇的に変わった。(症状の把握から術後の経過まで)手術体験記その1の続きで

今回は、手術に関する「医師からの説明会」に参加したところから始めます。

前回までの流れで、説明会にも手術当日に同伴する者と同席する事。という指示で二人で参加しました。

この説明会には、同じ日に手術する数組の方々も一緒です。

結構お歳を召した方が多かったなぁ。

時間にして全部で30分位でしょうか。医師が同伴者向け(?)に白内障手術に関する説明を行なった後で、白内障の手術の様子をビデオで見せます。

なるほど!こんな風に手術するんだ。と理解させるようです。

その後、手術を受けるうえでの注意事項の説明。

しつこく言われるのが、手術はおよそ片目15分程度の日帰り手術ですが、その後の生活上の管理が非常に大切ですから、

家族共々この点を理解したうえで注意して暮らしていただきたいと言う事。

指示された点眼薬と内服薬の正確な使用と、眼を保護するための眼帯・ゴーグルの着用や医師が許可を出すまで洗顔やシャンプー等はひかえる事等の注意事項の徹底を指示されます。

その説明が終えた後、手術日の4日前から3日間使用する点眼薬(滅菌目的)を渡され1日に5回使用します。

手術当日に使用する点眼薬(瞳孔を開く為の点眼薬)も渡されて手術予定時間の2時間半前から30分毎に手術対象の眼にさすように指示されます。

(病院で点眼する訳では無く自宅で使用する事になるので、外を歩くのも大変ですからこの時点で同伴者の役割が始まります。外に出ると太陽の光が眩しく感じるようになるので、サングラスは必需品になります。なるべく色が濃くて大きめがGoodです。)

これで、医師からの説明は終わり「一緒に頑張って良い手術を成功させましょうね!」と医師から励まされます。

 

<手術日の4日前 → 手術前日>

vagamox-05.jpg ベガモックス点眼液0.5%
細菌が目のなかで増えだすと、炎症を起こして、充血したり痛みがでてきます。このお薬は細菌を撃退する抗菌薬です。細菌が死滅すれば、患部の炎症がひき、充血や痛みも治ります。細菌感染による結膜炎、麦粒腫(ものもらい)、眼瞼炎、角膜炎などの治療に用います。

朝起きた時から滅菌用の点眼薬をさし始めます。

市販の目薬と違って、ニオイも無ければ刺激も無いと言う何とも物足りない感じです。

後は、朝・昼・夕の食事の時と就寝前の計5回使用します。

これを手術前の3日間。忘れないように続けます。

 

<手術当日>

先に手術予定時間を告知されていますので、その2時間半前から30分毎に瞳孔を開く為の目薬をさしはじめます。

私は、30分毎を正確に把握する為に携帯のアラーム機能を利用しました。

1度目の点眼後、3~4分で瞳孔が開き始めているのが判るようになります。

刺激的なものは何もないのですが、蛍光灯を眺めてみると蛍光管の周りが青白く光り始めた様に感じてきます。

時間が経過するごとにその感じ方が大きくなってきます。

手術予定時刻の30分位前には病院に着くように出かけます。

 

手術予定時刻になると呼び出されて、血圧測定と体温測定を行なった後で瞳孔の開き具合を確認されます。

「お~良く開いてますねぇ」と感心されてしまったが、その場で更に「今使用中の目薬をもう一度さしてください。」と言われその場でまたさす事に成りました。

「感心するほど瞳孔が開いているのにまだ必要なの?」

すると「いざ手術って言う時になって緊張感から急に瞳孔が戻ることがあるものですから念のため。」と言う事でした。

そのおかげで、瞳孔全開気分です。

「さらに20分位してから、もう一度さしてくださいね。時間になったらお知らせしますから。」って

いつまで続けるんだか? と思いながらも仕方なくさして待っていると、「こちらに移動してください」と言われて歩きにくい状態で徒歩移動。

移動した場所で、さらに目薬をさす。(たぶん、これが麻酔用の目薬だったのかも知れない)

その後、手術用の靴下・手術着?・帽子を着せられてしばらく待機。

その後、涙腺を通すために更に目に液(生理食塩水らしい)を流し込む。

「鼻の奥に液が流れてきたら教えてくださいね。」って

「流れてきたのを感じたら飲み込んでも構いませんから。」と言う事で「ハイ来ました。」

 

さぁ! 次は手術室に移動です。(ドキドキ バクバク)

※ 関連記事

白内障手術で、強度の近視だった視力が回復して人生観が劇的に変わった。(症状の把握から術後の経過まで)その1

白内障手術の流れと手術を体験しての感想。

白内障手術翌日の眼帯を取り外し(医師が行うのですよ)の様子。

白内障手術後6日目の検診。(明日はもう片方の手術予定)

実は眼科医師本人も見た事のない白内障手術後の視界の凄さ!

白内障手術の際に利用したい便利でお得な情報。

※手術後に発症(発覚)したいろいろな症状と治療の経過。

 

 




白内障日帰り手術で、強度の近視だった視力が回復して人生観が劇的に変わった。(症状の把握から術後の経過まで)手術体験記 その1

下の画像の中にある文字が読めますか? 私は判別できませんでした。
(画像を見るときは、正面からご覧ください)

hakunai-chk.jpg

これを読んだ方の白内障手術に対する理解が少しでも深まればと言う思いを込めて書いておきます。

白内障の症状ってどんなものなの?

と言う方の為に私の体験をもとに、印象と実感を画像に起こしてみました。

(但し、この違いが判るのは片目がひどい方の場合です。両目が同じ程度で進行してる方は判別できないかも知れません。外での液晶画面の件以外は。)

画像は、あくまでもイメージ画像です。
(クリックして拡大してご覧ください。こんな感じと参考程度にお考えください。)

1.  視力の矯正が低レベルから上がらない。(頑張って矯正しても0.7 ~ 0.8程度)
2.  微妙な色の違いが認識できない。
上の画像に書いてある文字が読めますか?(普通の方でも判別し難いと思います。)
3.  明るい外に出た時にモノがハッキリ見えない。(日陰や建物の中ならよく見えるけど・・)

クリックで拡大表示されます。

この画像を見ると信じがたいでしょうが、手術後に同じ景色を見るとまさにこんな感じの違いがあります。片目だけ進行している場合は、左右の目を見比べてみればわかるのですが、両目が同時進行の場合は徐々に進行しているので自覚する事は不可能です。

  4.  暗い場所(夜、電気をつけていない部屋とか)で目の前を何かで覆われているように見える。

クリックで拡大表示されます。

手術後に判明した事ですが、この暗いところで見えにくくなるのは
白内障とは関係なく他の要因でした。(詳細はこちら)

   5. 光が眩しい!(とにかく眩しさは異常なほどです)

   6. 夜、ライトが乱反射して見える。

   7. 天気の良い日に外で携帯やタブレットの様な液晶画面が見え難い。
(私はメールが判別できませんでした。)

   8. 日常的に「目ヤニ」が出続ける。(術後は解消しました)

クリックで拡大表示されます。

液晶画面は、外の光が液晶画面に反射して表面だけが見える状態となり実際の画像は認識できませんでした。

治療が終わってから判ることも沢山ありましたが、それは後日掲載します。
↑  随時更新中です! ↑

私は、子供の頃(小学校の4~5年生位)からメガネをかけるようになっていました。別に勉強のやり過ぎとかではなく遺伝的なものだと思います。父親も強度の近視でしたから。

その後、学生時代はずっとメガネと共に暮らしていて、社会人に成ってからはコンタクトレンズに変えました。

メガネをかけていると、年齢と共に近視の度合いが進み徐々にレンズも厚く重くなり始めていました。

夏場は汗をかくせいでメガネが下がって来たり、冬場は暖房のついた場所に入るとメガネがくもったりと、色々と不便な事が多くなり途中からコンタクト(ハード)に切り替えたのでした。

ところが50歳を超えたあたりから、視力の矯正を試みてもなかなか思う様に視力が上がらなくなり免許の更新に必要な数値をギリギリで出せる程度になってしまい、今後どうなるのか?と不安になる日々でした。

そして今年も免許更新の時期になり、コンタクトの矯正の為にコンタクト屋(今回はいつもと違うお店)さんに行ったところ今回も視力が出ないで免許更新ギリギリの数値でした。

そのお店には、専門の医師が常駐しておりコンタクトの選択(メーカーや酸素の透過性能)が済んでから診察を受けましたが、その時に医師から「白内障になっていますからお医者さんに行かれた方がいいですよ!」って・・・(品物買ってから言うのは順番が逆じゃないのか?とも思ったのですが、これが商売なんだろうな~と独り言でブツブツ)

一応、免許更新も無事に済ませてから眼科医に行き「コンタクト屋の常駐医師からこんな風に言われたので来ました。」と受付に初診の申し込みをして待つ事しばし。

名前を呼ばれて診察室に入ると様々な検査機器のある部屋に連行されて検査の開始です。

この時に検査した機器は3種類。(いずれもコンピュータ測定なので痛み等はありません)

屈折検査機器 他覚的屈折検査。

通常の視力検査の前に行う検査で

遠視・近視・乱視などのデータを測定し数値化する機器。

この検査は患者の「視点」を正確に制御しないと計測できません。そのため視点の誘導がうまくできる検査員がいる医院が望ましい。

もう少し左です・・・とか 言って貰えると楽ですよ。

眼圧検査機器 眼圧測定検査。

角膜に微量の空気を瞬間的に噴射し眼圧(眼の硬さ)を測定する。

ほんの少しの風の様なのですが、マバタキしてしまいます。

何度かやってるうちに測定出来るから大丈夫です。

眼底検査機器 眼底(眼軸長)検査。

角膜前面から網膜までの距離を測定する。

強度の近視の方等には特に重要な検査。

私の場合は、測定を担当した人が驚くほど長かったようです。

29mmあったらしい。通常は23.5~25mm程度だそうです。

その他に、血液検査と血圧測定を実施。

※ 後で理解した事なのですが、この3種類の検査機器で得られたデータを基に眼内レンズの度数を決める。(ここまでは理解していたのだが・・・)

要は、手術後どの程度の視力にさせるかは、この計測データに基づいた医師の判断次第(計算上の数値)と言う事のようです。手術後の視力は、この段階でほぼ予測されています。(後は医師との話次第です。希望は伝えましょう!)

その後視力測定。(皆さんご存知のランドルト環検査です。どこが切れてますか?って言うあれです。)

残念ながら、壁面に設置されているランドルト環で検査するのではなく看護師(?)が一つだけ手に持って1m位離れた所に立ち「どこが切れてますか?」って聞くのです。

この時点で、すごく視力が悪いんだと思い知らされます。(泣)

ここまでの検査が全て終了してしばらくおとなしく待っていると、診察室からお呼び出しです。

そこで医師と初めて対面してご挨拶。

世間話をする暇もなく、「ここにアゴをのせて、額をここにつけて!」と言われて言われるままに素直に応じていると、「あ~立派な白内障です。これは見え難いでしょうね~。」って。

そうなんです!だから医者嫌いな奴が自らノコノコとやってきたのですから。

医師から治療方法の説明が始まった。

簡単に言われた事を説明すると、「白内障は眼球の中の水晶体が白濁してしまったもので治療方法としては、

クリックで拡大表示  この水晶体を全摘出して代わりに人工的なレンズを埋め込む方式です。

一度この白内障手術をすると二度と発症しません。

現在は手術に要する時間は片目15分程度で日帰り手術です。」

 (左の図のオレンジの部分が水晶体です。クリックで拡大表示)

と、まぁこんな感じです。

「治療に関して、片目だけ手術が必要な方の場合は手術しない方の視力に合わせます。

両目の手術を必要とされる方の場合は、軽度の近視程度の視力に調整します。

あなたの場合は、両目が対象になりますから軽度の近視になる程度と考えて下さい。」

これだけ聞くと簡単に聞こえますが、何しろ「眼」ですからね。手術なんて生まれてからやった事ないし、恐怖心で心が押し潰されそうになりますよ。

でも他に方法は無いようだし、放置しておいて失明って言うのも困るしね。

仕方ない!ここは覚悟を決めて手術を受ける事にして詳しく予定等を聞き始めました。

そうすると、手術は15分程度だと言うのに、それまでの準備期間と術後の通院や検査の期間の長い事にはまた驚かされました。

まずは、直近で手術できる日で都合がいいかどうかの判断。

因みに、「その日まで治療とかしないで放置しておいて大丈夫ですか?」と医師に聞いたところ、「何をおっしゃる。こんな風になるまで放置してきたんですからこれくらいの期間は大丈夫ですよ!それまでの対策は準備しますから!」ですと。

安心していいのか?これまで放置して来た事を後悔すればいいのか?

いずれにしても、手術するしかないので予定日を決めて、それまでにやる事をやらねばならない。

手術当日には必ず家族や友人と同伴で来院するように!と、同伴者がいなければ手術は行いませんからね!って。

仕方ないから、カミさんを仕事休ませて同伴させるかな?

と、ここまで書いてきたら長くなってしまったので続きは次回にします。

※ 次の記事 ※

白内障手術で、強度の近視だった視力が回復して人生観が劇的に変わった。(症状の把握から術後の経過まで)その2

白内障手術の流れと手術を体験しての感想。

白内障手術翌日の眼帯を取り外し(医師が行うのですよ)の様子。

白内障手術後6日目の検診。(明日はもう片方の手術予定)

実は眼科医師本人も見た事のない白内障手術後の視界の凄さ!

白内障手術の際に利用したい便利でお得な情報。

※手術後に発症(発覚)したいろいろな症状と治療経過。