カテゴリー: 生活の知恵袋

永年使ってきたWindowsパソコンからBootCampを利用したMac-PCに買い換えた結果が予想外に良かった。

 私がパソコンを使い始めたのは今から30年以上前の昭和の時代でした。当時はNECのPC-8001mkIIだったと記憶しています。記録メディアもカセットテープでした。
電源を入れたら N88Basicが起動して load "    ” でプログラムを読み込み 動かすときは run "   "  編集後のプログラムは save "   " でカセットテープに保存するという操作で終了する.
その後、記録メディアにフロッピーディスクが発売されて その便利さに驚かされたものでした。私が購入していたのは 2DD メディア(640KB) でディスクにアクセスするたびにカチンカチンと賑やかな音を出していたのを覚えています。今でこそ1GBや1TBが一般的な時代から見ると恐ろしく少ない記憶容量ですよね。1MBもないんですから。

 その後、時代と共にパソコンは進化を続け Windows95 の発売と同時にパソコンの普及が急激に加速していきました。パソコンメーカー各社も新機種を続々と投入し更なる進化を続けると共に周辺機器メーカーも数多く参入してきた事により低価格で高品質な周辺機器も次々と発売されるように成って来ます。

 殆どのメーカーは Windows 用の周辺機器を発売してくるので益々 Windows ユーザーが増えて来ます。周辺機器だけではなく対応ソフトも充実して来ました。

 パソコンを買い換えるタイミングになるといつも悩んでいたのが Windows-PC にするか Mac に変更するか? ということです。Windows をそのまま代替えするなら現有のソフトや周辺機器がそのまま移行出来るし Macにすると使えないものが結構あって悩みのタネになっていました。ところがここ数年で周辺機器の対応機種の項目に Mac の表記が非常に多くなり殆どが対応するようになっていました。

 ここ数年で Apple の Windows ユーザーに対する取り組み方が柔軟になり Bootcamp をメーカーサポートページに載せるようになりました。このBootcampはMac-PCにWindows-OSをインストールできて 1台のMac-PCで ios と Windows-OS の両方を稼働させる事が出来るというものです。5〜6年前にも見たことはありましたが、当時は不具合が多いと聞いた事があってあまり興味を持たなかったように記憶しています。

Apple BootCamp サポートページ https://support.apple.com/ja-jp/boot-camp

BootCamp サポートページ

 このサポートページの中央に表記されていますが
Boot Campを使って Mac に Windows をインストールして使う方法をご案内します。
と明記されている通りです。

使用方法も単純で最初に Windows で使用する領域のサイズを設定しそこに通常通りのインストール方法で Windows をインストールするだけです。パソコンを起動する際に option ボタンを押しながら起動すると下記のような OS選択画面が表示されるので 起動させたいOSを選択してクリックするだけです。

bootcamp-select.jpg

上の画像では左側の Mac がアクティブになっていますがマウスで右側の Windows をアクティブにしてからその下の矢印をクリックすれば Windows が起動します。起動に関しては設定で変更することや固定することも可能ですが何もしないで電源投入した場合には ios が起動します。

これで今まで使って来た Windows 用のソフトや周辺機器等がそのまま使えるようになりました。ただキーボードの違いでショートカットが違う事が慣れるまで苦労しそうです。

KB-Mac-Win.jpg

一見してわかるように、かなり違いますから長年使って染み込んだショートカットキーを切り替えていく事が先決のようです。

 今回、代替え対象になった Windows PCのスペック
Windows7

 そして、購入した MAC PCのスペック
Windows10

※ ついでに上記2台の Adobe Photoshop の起動時間について書き添えておきますと
 旧 Windows-PC の起動時間は 約120
 新 Windows-PC の起動時間は 約 20秒 でした。(プリセット等は同一の条件です。)

更にWindowsマシンとMac-PCの違いについて思うこと・・・
Windows-PCは基本的に
大半のマシンが樹脂製の筐体を使用しているのにMac-PCはアルミ製の筐体を使用しているのでキーボードに両手を載せて置くと手が冷たくなる。Windows-PCでは無い現象です。それだけMac-PCの冷却能力が優れているということなのかもしれませんが冬場は少し冷たくて困ります。

購入の際に重要な検討課題としてストレージ容量の決定があります。
Windows-PC用とMac-PC用の2種類のOS分の容量が必要となりますからこの点が重要となります。外付けでデータ保存等は使えますが内臓部分は後で交換とかは非常に厄介になります。

 

Continue reading “永年使ってきたWindowsパソコンからBootCampを利用したMac-PCに買い換えた結果が予想外に良かった。”

東京のお伊勢さま 東京大神宮 に参拝

tokyodaijingu01.jpg
(写真は平成28年晩秋に撮影)

東京都千代田区富士見2−4−1
明治13年に東京の伊勢神宮参拝殿として日比谷(日比谷大神宮)に創建されたもので、関東大震災後の昭和3年に現在の飯田橋(飯田橋大神宮)に建て替えられたもので戦後に東京大神宮と改められたものだそうです。伊勢神宮までの参拝となるとなかなか行けないものですが東京でお伊勢参りが出来るのは有難いものです。

tokyodaijingu02.jpg

御祭神は天照皇大神(伊勢神宮内宮の御祭神)と豊受大神(伊勢神宮の外宮の御祭神)

境内には飯富稲荷神社もあり芸能にゆかりの深い神社だそうです。

 

<スポンサー広告>

Continue reading “東京のお伊勢さま 東京大神宮 に参拝”

古いUSBカメラを利用して 動体検知式監視カメラを設置してみました。

パソコンの買い替えを機に、これまで使っていた古いデスクトップPC(Windows7)とwebカメラを利用して動体検知式監視カメラを設置してみました。監視カメラと言っても特に何かを監視すると言う事では無く、我が家の玄関にあるインターホンにはモニターが付いていないのでその代用と言った利用方法のつもりです。(出来れば録画機能も欲しかったので丁度いいので作成しました。)

最初に探したのが前述の希望を叶えてくれるソフト(当然の事ながらフリーソフト)を探してみました。探してみるとなかなか都合の良いソフトには巡り会いません。

探したソフトの中には、動体検知機能も付いていて録画機能もあるのですが動体検知してから録画の操作に移行している間に被写体が通り過ぎてしまっていて録画された内容には何も写っていなかったり、車や鳥が通り過ぎるのに反応してしまったりするものであったりと難しいものです。

そこで再度条件を絞って探し直すことにしてみました。

① 動体検知機能が付いていること。
② 録画機能がついていること。
③ 録画が動体検知よりも遡って行えること。
④ 動体検知エリアを指定できること。
(誤作動防止のため)

かなり贅沢な条件ではありますがこの条件で探してみたところ半ば諦めかけていた頃に LivePicture3 というソフトが検索でヒットしました。

Livecapture3-website

このソフトの説明には下記のようなキーワードが付いています。

   監視カメラ      動体検知機能

   音声検知       数秒前から録画可能なタイムシフト機能

のように当方の希望が概ね列挙されていました。残るは無料なのか?どうかだけです。よくよくサイトの中を読んでみると「フリーウエア」と記載されていました。

これで不安解消です。あとは どれだけ当方の希望に沿ったものなのかを検証するために実際にダウンロードして試してみる事にします。

ダウンロードページ

LiveCapture3_Download page

ダウンロードはソフト本体とDirect X ランタイムの2種類が必要です。

インストールして実行してみます。下の画像が監視状態の画面です(2種類)

左側の画像が標準的な画面でカメラが複数設置してある場合等はこちらを選択。右側の画像は拡大表示してあるものです。

次に動体検知機能に関する設定項目。

左側画像の監視設定のタグから 動体検知を有効にする にチェックを入れます。次に キャプチャーアクション で録画時間を何秒間するかや動画の保存先を設定します。動体検知設定 では検知エリアの設定を行います。

右側画像の 録画設定 から動画撮影のプロファイルの設定と 何秒前に遡って録画を開始するかを設定します。(0秒〜10秒まで設定が可能です)

録画と同時に音声も記録できるのですが古いPCだと画像と音声の両方を同時に保存するのは少し無理があるようです。先に音声が録音されてその後画像を録画するような順番のようですが当方の古いPCでは時々画像が無かったりしていました。ある程度PCに高スペックが無いと対応は難しいみたいですね。

無料のソフトにしては素晴らしいものだと思います。

 

Continue reading “古いUSBカメラを利用して 動体検知式監視カメラを設置してみました。”

電子タバコを利用して禁煙にチャレンジ! 時代の流れで年貢の納め時の様です。

街頭に設置してある喫煙コーナー

街中を歩いてみても喫煙コーナーが激減し、つい先日まで在ったはずの喫煙コーナーも撤去されていたり、レストラン等も終日禁煙の店舗が増え愛煙家にとっては過ごし難い時代に成ってきました。愛煙家本人はタバコ税という税金まで負担している割には随分と世間から冷遇されている様にも感じます。(これが時代の流れなんでしょうけれど)
そこで、私もそろそろ脱タバコ(今は禁煙とは言いません。理由は後で説明します。)に挑戦してみる事にします。
そこで、今までたばこに掛けていた金額をあらためて計算してみると結構な額に成り驚きます。仮に、1日に たばこを20本吸うとしての計算です。(実際にはもっと多いのですが・・・)

たばこ1箱を460円として試算しますと1ヶ月当たり 13、800円となります。
( @460円 × 30日 = 13,800円 )
1年に換算すれば165,600円となり、この金額分を煙と吸殻にしてきた訳です。
これだけの金額を煙にするのは勿体無いものです。(もっと早く決断すれば良かったんですけれど・・・)
そこで、精神力の弱い人間にとっていきなり禁煙と言うのは荷が重いので電子タバコの力を借りる事にしました。私の中にある電子タバコのイメージは初期の頃の商品で、吸い込むとタバコの先が赤く光るようなものでしたが、現在は全く違う商品になっていました。今回購入したのは株式会社VP JAPAN社VP Magic Complete set という商品です。

VP-Magic.jpg

※ 何故、この商品にしたのか?
出来れば国産のもので(企業は日本でしたが製造は中国でした)消耗品等が簡単に手に入るものがいいかな?という程度の安易な発想で決めました。
特別な専門店等に行かないと手に入らない様なものでは困るし、この商品なら大手の家電量販店なら大抵扱っていましたから。
金額的には同じメーカーでも更に安価な3,000円程度の商品もありましたがランニングコストを考慮して今回は本体小売価格1万円程度のこの商品にしました。


VP-Magic-slv.jpg

 ※ 本体構成画像(バッテリーが大きめなので少しズッシリと最初は感じます。)

この電子タバコを使用してのランニングコストは充電に要する電気代を除いての消耗品代として下記の様なものが必要になります。

リキッド代(香料を含んだもので電子タバコの熱によって蒸気を発生させる元になるもの)

  1本 (10ml) 1,000円程度(使い方にもよりますが約10日ほど利用可能)

専用コイル(熱を発生させる消耗品部分)

  1本あたり400円程度(メーカーでは2週間程度で交換と記載)

※ この VP Magic Complete set は、煙(メーカー側では蒸気と表現しています。)の量を手元のスイッチで4段階に変えられること。確かに最大の 4.8vにすると盛大な煙(蒸気)が出ます。最小の3.3vでも通常のタバコの煙より多い様に感じます。
なので、「禁煙」とは言わずに「脱タバコ」と表現しました。

次に、疑問を持つのは「路上喫煙禁止地区」等の場所で使用する事が可能なのかどうか?
この点に関しては、見た目が煙を出すものなのでNGの様です。煙の出ないものも発売されていますが、それでも自治体によって取り扱いは違うようです。(可否が別れているようです)

更に、不思議なことに「喫煙所」でこの電子タバコを使用すると本物のタバコを吸っている人達から妙な視線を注がれます。喫煙コーナーに入って来て、ポケットから電子タバコを取り出しライターで火をつける訳でもないのに、いきなり煙を吹き出し始めるのですから。(何だ?という顔で見られます。)
「これは、電子タバコと言うものでニコチンやタールも含まれていなくてタバコに比べて経済的で健康にも害は少ないみたいですよ!」と教えると感心しながら見ていました。

唯一の欠点は、充電中は使えない事です。
 ↓ 加えてウエブサイトの中にある気になる文章がありました。 ↓ 皆さんはこれをどう読み解きますか?

※セットで含まれるリキッドは、VPフレーバーリキッドです。こちらは日本メーカーが中国で製造した中国製リキッドとなります。
日本製のリキッド/J-Liquidはこちらからお求めいただけます。(別売)

もう一つ疑問に思うところがバッテリーの持続時間に関してです。下に電源ボタンを押した時にバッテリーの残容量を表す色表現をイメージ化します。

VP-Magic電源ボタンイメージ
左から白色=100%~80% 、 青色=80%~30% 、 赤色=30%未満 という意味に成るようですが青色の範囲が広すぎる様に思われます。仮に自宅を出る時に青色の場合に80%なのか40%なのかを判断できないので途中で電池切れになる不安もあります。(改善してほしい部分です)

出来れば、この電子タバコも卒業して完全禁煙を達成したいと考えています。

電子タバコを使用しての感想は
市販のメンソールたばこを吸っているのと変わりません。(もともとこの電子タバコに付属で付いてくるのがメンソールなのでその様に感じるのだとは思いますが、他にもコーヒーとかあるようなので試してみたいと思っています。)

電子タバコを使用して10日経過時点での喫煙量の推移
私は、実際のところ1日に2箱は吸っていました。(ヘビースモーカーの部類です)
電子タバコを使い始めて10日が経過した時点での喫煙本数はと言えば、1箱を吸いきるか? 少し残るか? と言う現状です。電子タバコに代える前よりは減っていることは確かですが、まだまだ禁煙には程遠いようにも思えます。
原因は、充電をしているときに吸いたいと思う衝動に負けている性のようです。

※使用後の結論

使ってみて感じた不満としては、吸引の際にリキッド(中の液体)が口に入って来る事が多くて その度に分解してティッシュで掃除してやらないといけない事やフル充電の割には利用できる時間が短い事。加えて充電にかかる時間が長い事などで逆にストレスが増えたような気がします。禁煙には程遠いという実感。
(メーカーの方ではこの点に関して対応策が講じられた様で、今はリキッドが流入し難いタイプに変更されたものを発売しているようです。充電に関しても本体とバッテリーを切り離さなくても簡単に充電できるタイプになったようですが私には遅すぎたようです。

 

Continue reading “電子タバコを利用して禁煙にチャレンジ! 時代の流れで年貢の納め時の様です。”

iphone6sが壊れた リンゴループと言う症状が発生 その症状と解決までの経緯

愛用のスマホである iphone ( ios 9.3.2) が、ある日突然に再起動を無限に繰り返す症状 「巷ではアップル社のロゴであるリンゴが繰り返し表示される事からリンゴループと呼ばれているようです」が発症してしまい最初は電源も切れないと言う状態になってしまいました。

起動中の状態   再起動中の状態

iphone6s-image.jpg

restart.jpg iphone6s-image-2.jpg

 ただ他の方のリンゴループに関しては、途中に赤い画面になる状態が入る場合もあるようです。今回は赤い画面は入っていません。因みにこの状態になってしまうと電話を掛けられても「留守番電話サービス」状態に繋がってしまいます。
ネットでこの状態に関する情報を検索してみると、色々と出てきます。それもかなり昔から出てきます。(と言う事は以前からこの様な症状があったと言う事ですね。)

この症状が発生したのは夜だったので、サポートに電話する(他の電話から)訳にもいかずに自己解決を目指しました。
まず最初に行ったのは自分のWindows PC iTunes の最新版をダウンロードしてインストールすること。

iTunes ダウンロードページ へ

ダウンロードページ     http://www.apple.com/jp/itunes/download/

Windows 版 と Mac 版から選択できます。

iTunes-setup.jpg ダウンロードした左のSETUPファイルを実行して指示に従ってPCにインストールします。
iTunesの設定等の詳細に関してはApple社のウエブサイトをご覧ください。

 

インストール完了後にPCを再起動します。
その後、iphoneのホームボタンを押しながらPCUSBケーブルで接続します。

itune-link-b.jpg

PCと接続されたら左の画面のようになります。

同時にPCの画面には下記のように表示されます。

 更新または復元を必要としているiphone・・・・・

と表示されて

更新」 と 「復元」 のボタンが表示されます。
(参照:下画像)

 

itunes-01.jpg

「更新」 と 「復元」の違いは
更新 ・・・ 原則iphone内にインストールされているアプリやデータをそのままにして修復する作業。
復元 ・・・ 工場出荷時の状態に戻してしまいます。(データやアプリは全て削除されてしまいます。)

ここまで来て、更新で処理が完了すれば問題はありません。無事に回復できたことになりますが、もしもエラーが発生した場合には復元(工場出荷時に戻す)を試す必要が出てきます。
今回は復元を試す事が必要な状態でした。

ただ、この処理で回復できなかった場合にはApple サポートに持ち込むしかないようです。そこでもここで紹介した内容と同じ事を実施し回復が見込めない時は本体の交換になる事が多いようです。
※保証期間内であれば無償交換となるようです。

 

なるべく、こまめにバックアップを取っておくのがいいようですね。
 


 

Continue reading “iphone6sが壊れた リンゴループと言う症状が発生 その症状と解決までの経緯”