カテゴリー: ネット関連

永年使ってきたWindowsパソコンからBootCampを利用したMac-PCに買い換えた結果が予想外に良かった。

 私がパソコンを使い始めたのは今から30年以上前の昭和の時代でした。当時はNECのPC-8001mkIIだったと記憶しています。記録メディアもカセットテープでした。
電源を入れたら N88Basicが起動して load "    ” でプログラムを読み込み 動かすときは run "   "  編集後のプログラムは save "   " でカセットテープに保存するという操作で終了する.
その後、記録メディアにフロッピーディスクが発売されて その便利さに驚かされたものでした。私が購入していたのは 2DD メディア(640KB) でディスクにアクセスするたびにカチンカチンと賑やかな音を出していたのを覚えています。今でこそ1GBや1TBが一般的な時代から見ると恐ろしく少ない記憶容量ですよね。1MBもないんですから。

 その後、時代と共にパソコンは進化を続け Windows95 の発売と同時にパソコンの普及が急激に加速していきました。パソコンメーカー各社も新機種を続々と投入し更なる進化を続けると共に周辺機器メーカーも数多く参入してきた事により低価格で高品質な周辺機器も次々と発売されるように成って来ます。

 殆どのメーカーは Windows 用の周辺機器を発売してくるので益々 Windows ユーザーが増えて来ます。周辺機器だけではなく対応ソフトも充実して来ました。

 パソコンを買い換えるタイミングになるといつも悩んでいたのが Windows-PC にするか Mac に変更するか? ということです。Windows をそのまま代替えするなら現有のソフトや周辺機器がそのまま移行出来るし Macにすると使えないものが結構あって悩みのタネになっていました。ところがここ数年で周辺機器の対応機種の項目に Mac の表記が非常に多くなり殆どが対応するようになっていました。

 ここ数年で Apple の Windows ユーザーに対する取り組み方が柔軟になり Bootcamp をメーカーサポートページに載せるようになりました。このBootcampはMac-PCにWindows-OSをインストールできて 1台のMac-PCで ios と Windows-OS の両方を稼働させる事が出来るというものです。5〜6年前にも見たことはありましたが、当時は不具合が多いと聞いた事があってあまり興味を持たなかったように記憶しています。

Apple BootCamp サポートページ https://support.apple.com/ja-jp/boot-camp

BootCamp サポートページ

 このサポートページの中央に表記されていますが
Boot Campを使って Mac に Windows をインストールして使う方法をご案内します。
と明記されている通りです。

使用方法も単純で最初に Windows で使用する領域のサイズを設定しそこに通常通りのインストール方法で Windows をインストールするだけです。パソコンを起動する際に option ボタンを押しながら起動すると下記のような OS選択画面が表示されるので 起動させたいOSを選択してクリックするだけです。

bootcamp-select.jpg

上の画像では左側の Mac がアクティブになっていますがマウスで右側の Windows をアクティブにしてからその下の矢印をクリックすれば Windows が起動します。起動に関しては設定で変更することや固定することも可能ですが何もしないで電源投入した場合には ios が起動します。

これで今まで使って来た Windows 用のソフトや周辺機器等がそのまま使えるようになりました。ただキーボードの違いでショートカットが違う事が慣れるまで苦労しそうです。

KB-Mac-Win.jpg

一見してわかるように、かなり違いますから長年使って染み込んだショートカットキーを切り替えていく事が先決のようです。

 今回、代替え対象になった Windows PCのスペック
Windows7

 そして、購入した MAC PCのスペック
Windows10

※ ついでに上記2台の Adobe Photoshop の起動時間について書き添えておきますと
 旧 Windows-PC の起動時間は 約120
 新 Windows-PC の起動時間は 約 20秒 でした。(プリセット等は同一の条件です。)

更にWindowsマシンとMac-PCの違いについて思うこと・・・
Windows-PCは基本的に
大半のマシンが樹脂製の筐体を使用しているのにMac-PCはアルミ製の筐体を使用しているのでキーボードに両手を載せて置くと手が冷たくなる。Windows-PCでは無い現象です。それだけMac-PCの冷却能力が優れているということなのかもしれませんが冬場は少し冷たくて困ります。

購入の際に重要な検討課題としてストレージ容量の決定があります。
Windows-PC用とMac-PC用の2種類のOS分の容量が必要となりますからこの点が重要となります。外付けでデータ保存等は使えますが内臓部分は後で交換とかは非常に厄介になります。

 

Continue reading “永年使ってきたWindowsパソコンからBootCampを利用したMac-PCに買い換えた結果が予想外に良かった。”

自宅で気軽に主婦でも簡単(?)に稼げる 余暇を利用した在宅ワーク(クラウドソーシング) を試してみました。

自由な時間を有効に利用したい! と考えた時に・・・
出来れば少しでも収益があげられたら・・・ 小遣いにできれば・・・

 

  自分でやりたい仕事が選べる!

これまで培ってきた知識や技術と自分で手持ちのパソコン等を利用してどうせなら収益をあげられたらいいなぁと思いつき下記の2つの在宅ワークサービスに登録して実際に試してみましたので、これから在宅ワークを始めようとする方々の参考になればと思い書き残しておきます。(尚、世間には騙しのサイトもあると言う事なのでお気を付け下さい。)

※ 参加してみたクラウドソーシングサービス
(掲載順番はABC順です。)

CrowdWorks-logo.png Lancers-logo.png
クラウドワークスウエブサイト ランサーズウエブサイト
 http://crowdworks.jp/  http://www.lancers.jp/
会社名  株式会社クラウドワークス
所在地  〒150-6006
      東京都渋谷区恵比寿4-20-3
      恵比寿ガーデンプレイスタワー6階
会社名  ランサーズ株式会社
所在地  〒150-0002
      東京都渋谷区渋谷3丁目10-13
      TOKYU REIT渋谷Rビル9F

 
※ 仕事カテゴリの種類一覧

CrowdWorks-logo.png Lancers-logo.png

 ・ システム開発
 ・ ホームページ制作 、 webデザイン
 ・ ECサイト 、 ネットショップ構築
 ・ アプリ 、 スマートフォン開発
 ・ ハードウエア設計 、 開発
 ・ プロジェクト 、 保守運用
 ・ デザイン
 ・ ライティング
 ・ ネーミング 、 アイデア
 ・ 写真 、 画像 、 動画
 ・ 3DーCG制作
 ・ 音楽 、 音響 、 BGM
 ・ 翻訳 、 通訳
 ・ サイト運営 、 ビジネス
 ・ 暮らし 、 社会

 ・ システム開発 、 運用

 ・ web制作 、 webデザイン

 ・ デザイン制作

 ・ ライティング 、 ネーミング

 ・ タスク 、作業

 ・ マルチメディア

 ・ 翻訳 、 通訳

 ・ ビジネス 、 事務 、 専門 、 その他
 

カテゴリの種類分けは違う様に見えますが実際の内容は、ほぼ一緒です。

どちらのサイトも会員登録をする前に仕事内容を閲覧する事が可能です。(但し、会員登録していないと閲覧できない仕事もあります。)

仕事方式は大きく分けて2種類あります。

コンペ方式 プロジェクト方式
コンペ方式とは最近の判り易いサンプルを上げると東京オリンピック2020のロゴマークの様にクライアント(発注者)が提示している細かい条件に合った内容を作成して応募する方式です。(複数の応募が可能です。)
発注者は応募された作品の中から気に入った作品を選び採用となります。
プロジェクト方式とは、主に発注者と連絡を取りながら仕事を完成させる様な考えでいれば良いかと思います。
ストレスやプレッシャーに対して弱い方はやめておいた方が無難かと思います。

取り扱われている仕事に関しても、¥ 1,000 円程度から数百万円のものまで多くの種類があります。

※ 報酬に関する情報
両社とも共通の内容になりますが、応募した作品やプロジェクトが採用された場合には下記のように支払いが実施されます。
15日までに納品完了の場合 → 当月の末日に振込支払。
末日までに納品完了の場合  → 翌月の15日に振込支払となります。
(指定した受取銀行によって振込み手数料が違いますので事前にご確認ください。)

 

初心者が初めて参加するには「コンペ方式」が良いのかも知れません。コンペ方式の場合はクライアントが要望している内容に沿った作品を応募して募集期限の日時を待つだけですからプレッシャー等を感じることもありません。自分で参加してみたいものを探し出して応募してみましょう。

また、
クラウドワークスの場合にはコンペ等でクライアントの気に入った作品が提案されずにキャンセルになった場合には作品を提案したワーカー全員で均等に分配される制度があります。
ランサーズの方には採用作品は1点ですがその他に優秀作品(点数はそれぞれ違います)には少額(約2千円程度)ですが報酬として支給されます。

※ この両者の仕事に参加する場合に注意したい事。
両社とも共通して言えるのが提案内容の採用に関する対応です。(不採用の場合には何も対応はしなくても良いようですが。)
と言うのも、作品の提案申込み締切日は明記してありますが その締切日から2週間ほどの選定期間があります。その期間内はいつ採用決定の連絡が来るかわからないので、いつでも納品作業が出来る体制でいる必要があります。
通常であれば、自分の提案内容が選定されるような動きがある場合にはクライアントから細かな修正の依頼連絡等が数回あってその後で決定がされる様ですが、1度は何の前触れもなく締め切り後1週間ほどたった頃にいきなり「採用決定」の連絡が入り「納品作業を行ってください」と連絡が来ました。その時は出かけていたのですが急いで用事を済ませてから帰宅し、納品作業を行ったという経験があります。
この様な事から、提案した作品のすべての採否が確定していないと納品トラブルが起きないように待機する事も必要になると考えておいた方が無難だと思われます。(採用が決定されても納品でトラブルが起きるとクライアントからの評価も悪くなりますし、その後の取引にも悪影響を及ぼす危険性があります。)

クライアントについては、判り易い依頼内容を提示している方とそうでない方とおられます。「何を望んでいるんだろう??」と思う様な案件もありますが、自分で納得できなければ手を出さなければいいだけですから気楽と言えば気楽です。


msiファイルのInstallation directory must be on a local harddrive エラーの対処方法

Installation directory must be on a local harddrive と言うエラーが発生してソフトのインストールが出来ない時の対処法です。今回はAdobe社製のオープンソースコードエディタ Brackets をインストールしようとした時の状況ですが、他の msi をインストールする時にも引用できますのでお試しください。
まず最初にダウンロードした msi ファイルの場所(フォルダ)を開きます。

Brackets-msi.jpg

このアイコンを shift キーを押しながら右クリックします。下の画像は右クリックだけの場合と shift キーを押しながら右クリックした場合の比較です。

ただ右クリックした場合 shift キーを押しながら右クリックした場合

shift キーを押して右クリックすると、赤の下線 の「パスとしてコピー」という項目が現れますので これをクリックします。

次に、コマンドプロンプトを起動します。(場所は、スタートボタン → すべてのプログラム → アクセサリ)

管理者として実行」を選択します。

command-p-input.jpg

コマンドプロンプト入力画面が出ますので、下記のコマンドを入力します。

msiexec/i  と入力した後に 半角1文字分のスペースを入れてその後に右クリックします。(下の画像)

command-p-input-2.jpg

貼り付けを選択します。(すると、先ほど「パスとしてコピー」した内容がペーストされます。

その後 ENTER キーを押すとインストール作業が開始されます。

これで無事にインストールが完了しました。


 

Bootstrapを利用して MovableType のレスポンシブタイプテーマを無料で作成してみます。Part-1

このブログで利用している MovableType ですが、 WordPress の様に多くのデザインテーマがある訳ではないのでBootstrapを使用してオリジナルのテーマを作成してみようと思います。但し、いつ完成するか どんなデザインになるかも判りませんけど挑戦です。先ずは、Bootstrapサイトに行ってダウンロードします。(画面中央の Download )から。
http://getbootstrap.com/
Bootstarap web site

画面中央の Download Bootstrap をクリックすると下のページが開きます。

種類の Download ボタンが表示されますので一番左の Bootstrap をクリック。

ダウンロードすると下記の ZIP ファイルがダウンロードされます。

bts-336d.jpg 12.9KB

解凍すると下記のようなフォルダが作成されます。

解凍して出来た それぞれのフォルダの中に入っているのが下記の内容となります。

Continue reading “Bootstrapを利用して MovableType のレスポンシブタイプテーマを無料で作成してみます。Part-1”

無料素材 お正月用金文字素材 part-1

お正月用の金文字無料素材を作成してみましたのでご自由にお持ち帰りください。
各画像はクリックで拡大してご確認ください。

 

kinga-1000c-2.png

kinga-1000c-1.png

上記2種類のファイルサイズは 1,000px X 1,414px です。

お正月用金文字セットのダウンロード 上記2画像セットのダウンロード
(kinga-1000c.zip) 1.25MB

HappyNewYear-1-1000.jpg

背景を黒のグラデーションに金文字を置いた場合の画像。(JPG)
画像サイズは 1,000px X 391px 173kb (HappyNewYear-1-1000.jpg)

HappyNewYear-1-1000.png

背景を取り除き金文字だけにした場合の画像。(PNG)
画像サイズは 1,000px X 391px 199kb (HappyNewYear-1-1000.png)

お正月用金文字セットのダウンロード 上記2画像セットのダウンロード
(HappyNewYear-1-1000.zip) 344kb

 

漢字での金文字表現画像。

kinga-1000.jpg

黒のグラデーション背景に金文字を置いた画像。(JPG)
画像サイズは 1,000px X 391px 200kb (kinga-1000.jpg)

kinga-1000.png
 

背景を取り除いた画像。(PNG)
画像サイズは 1,000px X 391px 324kb (kinga-1000.png)

blogtown_dl_button.png 上記2画像セットのダウンロード
(kinga-1000.zip) 499kb

銀のメタリック調の文字を金の縁取りにしたものです。

kinga-1000b.jpg

kinga-1000b.png

背景を取り除いた画像。(PNG)
画像サイズは 1,000px X 391px 584KB kinga-1000b.zip

 

blogtown_dl_button.png 上記2画像セットのダウンロード
(kinga-1000b.zip) 584kb

gasho-pack.jpg

ダウンロードファイルには背景はありません。

blogtown_dl_button.png 上記2画像セットのダウンロード
(gasho-pack.zip) 801kb