網膜裂孔の再発(白内障手術後4年経過)

白内障の手術を行ってから既に4年経過という時点で「網膜裂孔」が再発。

再発と言っても同じ場所では無いのですが、これで4度目となります。

治療方法はレーザーによる「光凝固術」と言うのとは4度目なので解ってはいるのですが、4度目となると今後また発症するリスクは高くなると言う事で将来的な不安に襲われます。

今回は、完全に裂孔が出来たのではなく「出来る寸前」だった様で診察時に実際の要治療部位の画像を見せてもらい納得した訳です。

画像には、他の場所とは明らかに異なる赤い部分がありました。

医師の説明では、この赤い部分が網膜から浮いて来ているのでいつ裂けてもおかしくない状態です。避ける前に周りを固めてこれ以上浮かないように治療しておいた方がいいでしょう。と言うことで早速レーザーで治療となりました。

今回、この「網膜裂孔」の異変に気付いたのは「飛蚊症(ひぶんしょう)」が顕著に現れていたので眼科に行った際に見つかったものです。

飛蚊症の中でも、「糸くずが動いてる様に見える」場合は、ほぼ間違いなく網膜裂孔になっていました。(私の経験上)

少しでも糸くずの様なものが見え始めたら眼科に行ってみた方が良いと思います。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です