鎌倉大仏「国宝銅造阿弥陀如来坐像」まで行ってみました。

昔、子供の頃に行ったような記憶があるのですが、長谷寺に行ったついでに立ち寄ってみました。

JR鎌倉駅から江ノ電に乗り換えて3番目の「長谷駅」下車。

上の写真は、江ノ電「長谷駅」ホーム

上の写真は、長谷駅のホームに設置してあるもので観光地までの距離を表示しています。

この数字を見る限りとても近いように感じますが、平日ならともかく

土日祭日となると観光客が多くて狭い歩道を渋滞して歩いていかないといけないのでかなり時間がかかりますよ。

ようやくたどり着いた鎌倉の大仏。(よく見かける撮影ポイントです。)

daibutsu02.jpg

少し斜めから見上げると違った雰囲気になります。

この日は天気も良かったので、大仏様も背中の窓を開けて?

不思議な光景だと思いつつ調べてみたら、この窓は大仏の鋳造過程に必要だったようです。

鋳造方法の説明が、高徳院のホームページに掲載されていましたので興味のある方はご覧ください。

下の画像の赤枠で囲ってある部分にイラスト付きで紹介されています。

大仏鋳造法案内

こういう事を知ってから見ると、また一段と違うかもしれませんね。

紅葉の季節にまた行ってみたいものです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です