月別: 2011年7月

越谷レイクタウンに行ってみました。

P1000482.JPG

最近、埼玉県の越谷市&三郷市周辺に大型店舗が出来ているので見に行ってみました。

越谷レイクタウン
わざわざ、この大型店舗の為(?)に武蔵野線に駅まで新設されたほどの巨大な郊外型商業施設です。
中に入っている店舗の数は KAZE・MORI・OUTLETの3ブロックに分かれています。
店舗の数は数えきれないと言った方がいいくらいですし、この施設の中にスーパーのイオンを始めマルエツやコンビニのミニストップ、牛丼の吉野家等のあらゆるジャンルが出店していると言っても過言ではない。

P1000484.JPG P1000486.JPG
KAZEとMORIのエリアは3階建て構造で真ん中に通路を設置して両サイドに店舗が並んでいる状態です。
さらに、この巨大な2つのエリアはそれぞれ空調がいきとどいた設備になっているので外の気候に関係なく夏は涼しく冬は暖かくという設計になっている。(凄い経費なんだろうなと思いつつ・・・)
ただし、OUTLETはこれとは違い建物は外なのでちょっと大変。
P1000490.JPG P1000497.JPG
OUTLETの風景 レイクタウンの語源?

池袋駅東口・家電量販店大手2社の商戦を利用して賢く家電を購入する調査

ikebukuro.jpg

豊島区池袋駅東口に大手家電量販店2社が競争を行っています。

本来この池袋地区はビックカメラの本拠地であった訳ですが、ヤマダ電機がLABI日本総本館を旧三越デパート池袋店跡に出店、その時から激化したものです。

有楽町のSOGO跡にビックカメラが出店したのと同じようなものですが、場所がビックカメラの本拠地の池袋と言うこともあって、かなり熱の入った商戦になっています。

 

この2店舗の商戦をうまく利用して賢く家電品を購入することを考えてみましょう。

まずは、売り場面積に関してはヤマダ電機は2店舗ありそれぞれが大きめの建物を使用していることもあって、ヤマダ電機の方が面積・品揃え共に優位でしょう。

ビックカメラの方は、東口だけでも本店・パソコン館・アウトレット店等々専門店形態に分かれていて複数の商品(例えばテレビとパソコンとか)を一つの店で購入することはできない訳です。それぞれの店舗に移動して購入となるわけですね。(これは不便です)

それと、何故かビックカメラの建物はエスカレーターが上りのみ!下るには階段を歩いて降りてくるか混雑してなかなか来ないエレベーターを待つか?

その点、ヤマダは上り下りのエスカレーターがあるから楽です。

因みに私はビックカメラの会員です。ヤマダの会員にはまだなってません。

 

本題の商戦を利用した賢い購入の仕方ですが、予め目的とする商品(型番まで)が決まっている方は、価格と納品(お届け)状況だけの問題になりますよね。

普通はお店に行って、説明を聞きながらどれにするか決めようと思って向かう訳ですが、土日祭日とかに店舗に行くと大混雑になっていて、説明を聞こうにも説明を聞くための列に並んで順番が来るのを待つ始末です。当然、この間は商品も見ることは出来ないしただ待つだけ。スタッフは沢山いるのですが説明が出来るのは限られているようでなかなか順番は回ってきません。(イライラ)

なるべくなら、平日に行くことをお勧めします。

 

基本的に、表示されている価格からどれだけ交渉余地があるのか店員さんに尋ねてみましょう。(これが一番です)

意外と交渉余地があるんですよ。価格で無理でもポイントで増やすとか、付属を付けてくれるとかいろいろと考えてくれます。

これ以上は安くなりません!と言われても別のライバル店に行って、向こうはこの値段だったけど?と言うと大抵は応じてくれます。

生産中止になった商品で在庫がほとんどないとかいうものは別ですが。

 

それと、LABIで突然行う「タイムセール」ですが、フロアごとに様々な商品を数量限定で特価販売とかやってます。

希望の品物が出るかも知れませんよ。(いつ、何が? はわかりません)

 

もうすぐ、地デジ完全移行ですからこれからテレビを買う人は