ハッピーロード大山商店街(板橋区)を散歩がてら歩いてみました。

場所は、東武東上線「大山」駅から西と南に2方向にのびているみたいな感じです。

アーケードになっているので雨等の心配は全くありません。元をたどるとこの商店街は東京オリンピックの頃に

2つの商店街が一緒になって現在の巨大な商店街になったんだそうです。

その2つとは川越街道方向にのびる「大山銀座美観街」と大山駅の近くの「大山銀座商店街」。

お店の数はさすがに都内でも有数の商店街だけあって100軒を超えてると思われます。

殆どのお店が間口のそれほど広くないつくりで壁1枚で隣の店舗があるような(極端な言い方ですが・・・)雰囲気です。

並びにも特に決まりも無いようで、服屋さんのとなりに八百屋さんがあったり食堂があったりとさまざま。

 

この商店街はとにかく自転車が多く通るので、かなり危険性がある。

特にお年寄りが多く(たまたま??)手押し車を押しながら買い物に来てるようで、それを店頭に放置して店内に買い物をして

いたりすると、よそ見してるとぶつかってしまうようだった。

それぞれの店先には、「当店のお客様は店の前に自転車を止めてください」みたいな文章が書いて提示してあった。

トラブルがあるんだろうね。(いろいろと)

 

大山駅が近いというか真ん中にあるから、夕方なんか行ったら凄いんだろうなぁ・・・と感じてしまった。

買い物には便利かもしれないけど、川越街道よりにスーパーの「コモディ イイダ」があるのに商店街のお店は元気だから

何かうまく協定でもあるんだろうか?などと詮索してしまった。

普通、商店街にスーパーが進出すると小さなお店は大変なんだろうけど、ここは共存してるみたいです。

 

ここには、全国初のお店があると聞いてましたが

少し規模が違ってびっくり!!

店名は「とれたて村」と言って、全国からの新鮮な野菜などをアンテナショップ的に販売するお店と聞いていたのですが

展示販売スペースが各市町村あたりザル1個程度の展示でした。(野菜・果物・魚の干物などなど)

もう少し広いスペースがあればいいんだろうけど、なんだか折角の全国初の試みがもったいないよね。

広い場所に移ったほうがいいかもしれないなぁ。

そうすれば、もっと品数も置けるだろうしね。(余計なお世話ですが)

_|_|_| お知らせ |_|_|_

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です